ホロスコープの簡単な作り方

 

「ホロスコープ」とは、「その瞬間の星の位置を写し取ったもの」です。

一般的に「ホロスコープ」という言葉は、多くの場合、出生図(生まれた瞬間のホロスコープ)のことを指して使われています。
その人が生まれた瞬間の星の位置は、本当にその時だけ。ですから個人を占う占星術では、その人だけのホロスコープを読みといていくことになります。

 

ホロスコープは作れるの?

ホロスコープを作るって、そんなに簡単にできるの?って思いますよね。

昔々は、天体の位置の難しい計算などはすべて手作業で行われており、専門の知識を持った人でなければ作ることができないものでした。

しかし、現在においては、コンピュータのおかげで誰でも簡単に作ることができるようになっています。

ネットで検索すれば、無料でホロスコープを作成できるサイトがたくさん見つかります。便利な世の中となりました。

 

ホロスコープを作るのに何が必要?

必要なもの
・パソコン又は携帯
・出生データ(生年月日・出生時間・出生地)

生年月日 無料サイトを使ってホロスコープを作成する場合、生まれた年は西暦で入力する場合が多いようです。

出生地 都道府県+市町村を入力する場合が多いです。

出生時間 母子手帳に正確な時間が記入してありますので、是非確認しておきましょう。

 

出生時間がわからない場合

もし出生時間がわからない場合は、12:00で作成します。

それでもかなりのことは読むことができます。ただし、天体の中でも動く速度が速い月に関わることについては不明となることが多くなってしまいます。午前か午後か、朝・昼・晩又は深夜だったか、わかる範囲で確認しておくと後々ホロスコープを読む時に助けとなります。

 

ホロスコープの作り方

「ホロスコープ 無料」で検索すると、たくさんのサイトが見つかりますが、ここでは、無料で簡単かつプロの占星術師も活用している『アストロディーンスト』でホロスコープを作る手順をご説明します。

今回はマツコ・デラックスさんの出生データを使って作成してみます。

マツコ・デラックスさんの出生データ

・生年月日 1972年10月26日
・出生時間 8:00頃
・出生地  千葉県千葉市

 

▼『アストロディーンスト』 https://www.astro.com/horoscope/ja にアクセスしてみましょう。

 

<出生データによる、追加チャート選択>をクリックします。今回は<ゲストユーザーさんへ>で作ります。「ここをクリックしてデータ入力ページに進んで下さい」をクリックしましょう。

※アストロディーンストは、ユーザー登録も無料です。ユーザー登録すると、100件まで出生データを登録できます。(メールアドレスの登録とパスワードの設定が必要です)

 

▼出生データを入力してみましょう。入力し終わったら<続ける>ボタンをクリックしましょう。

 

▼ホロスコープ完成です!

 

他にも「無料占いの決定版!ゴイスネット https://goisu.net/」など、無料でホロスコープが作れるサイトがたくさんありますので探してみてくださいね。

 

 

太陽がどのハウスにあるかを確認する方法

出生時間まで入力出来た方はハウスの表示がでます。太陽の記号は☉です。ハウスは中心部分の数字で確認をしましょう。

1.太陽の記号がどこにあるかを確認する
2.ハウスの番号を確認する

このホロスコープの場合は、太陽が11ハウスにあります。

太陽とハウスの確認方法

 

 

[st-catgroup cat=”23″ page=”5″ order=”desc” orderby=”23″ child=”on” slide=”on” slides_to_show=”3,3,1″ slide_date=”” slide_more=”ReadMore” slide_center=”on” fullsize_type=””]