西洋占星術とは?

 

ここでは「西洋占星術とは何か?」という

基本的なことを、おさらいしていきましょう。

 

 

西洋占星術の歴史

現在は、西洋占星術というと、性格判断や相性を占う

「12星座占い」として個人を占うもの、というイメージが強いですが、

初めの頃は違うものでした。

 

占星術の記録

占星の最も古い記録は、メソポタミアに残り、紀元前2470~2430年頃の

ものとされ、発見されてから約4500年経ちます。

 

占星術のはじまり

初めの頃は、国の行く末・治世・天候などについて占われていたようです。

星の動きや天体の位置の観測と、実際に起こることの観察を

長い時間をかけて積み重ねていきました。

占星術の「術」は、学問という意味もあります。

観測・観察・結果から、論理的に法則を作り上げていったものと思われます。

 

黄道12星座

黄道とは、太陽の通り道です。

生まれた時、太陽はどの星座の位置にあったのか、が

太陽星座であり、その太陽星座で占うのが「12星座占い」です。

12星座は、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座です。

 

ホロスコープ

ホロスコープとは、ある瞬間の星の位置を表したものです。

個人のホロスコープは、生年月日・出生時間・出生地をもとに作られ、

同じものはないといえます。

 

ホロスコープは、天体・サイン(星座)・ハウスで構成されます。

 

天体

ホロスコープで用いられる天体は10天体。

太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星です。

<天体で何がわかるのか?>

水星は仕事運、金星は金運など、才能や運勢を読むことができます。

 

ハウス

ハウスとは、円を12に分けたものです。

<何がわかるのか?>

1ハウスは生まれ持ったもの、2ハウスは収入など、

1~12ハウスのそれぞれに意味があります。

人生のテーマや、活躍するフィールドがわかります。

 

 

サイン

サインとは、天文学で言う12星座のことです。(2・黄道12星座参照)

春分点を牡羊座0度とし、そこから30度ずつ12星座ごとに区切っていったものです。

<何がわかるのか?>

どのサインに何の天体が位置しているかによって、性格や雰囲気を読むことができます。

例えば、蠍座に月が位置している=感情が表に出にくい、などです。

 

あなただけのホロスコープをつくりましょう

生年月日・出生時間・出生地から自分だけのホロスコープを作ることができます。

・自分はどんな性質なのか

・どんな場で力を発揮しやすいのか

・どんな運を持っているのか     

などが分かると、自分を活かしやすくなります。

生まれた時から持っている、あなただけの人生の地図を是非広げてみてください。