全体の星模様 星のコラム

2021年11月蠍座新月図の解説

こんにちは、大田みりです。

今回は、11月5日の蠍座新月図を解説していきます!

全体のムード

新しい1日の始まり

蠍座の12度で、太陽と月が重なり、新月となりました。

しかも、今回の新月は、ちょうど、アセンダントに乗っかるカタチ。
太陽・月・アセンダントがごちゃっと固まっている状態です。

この星模様が表しているのは……

「はじまり」「スタート」

とっても簡単にいうと、
「これまでの流れは一旦終了! ここから、新しく始めていこう!」
そんな流れがきているということ。

思い返すと、ここまで本当に新月図が荒れていた……
毎月、新月のメッセージを書くのに苦労しました。

「こんなひどいの、みなさんにどうやって伝えればいいのー!」
そんな気持ちで、毎月書いていました笑

それが、先月の天秤座新月図あたりから……
なんだか穏やかな感じに(*^^*)

加えて10月は、逆行多めだった天体たちが次々と順行になり、
なんだか、星の動きが正常に戻った感じがしていました。

そこでやってきた!

このリセット感強めの蠍座新月図。

ここまでの悪い流れは断ち切って、新しい気持ちでリスタート!
そんな前向きな気持ちになれる表示がうれしいです(*^^*)

注意点とアドバイス

世界の景色

ただし!!
1点注意。

今回の太陽・月・アセンダントの正面には、
わたしたちを驚かすのが大好きなびっくり天体・天王星が入っています。

もしかしたら、蠍座新月のリスタートは少々手荒なのかもしれません……

「え!?今はじまるの??」

そんなふうにわたしたちを驚かすようなことが、蠍座新月期間早々に!
起こってくるかもしれません。

しかも、この天王星は、ディセンダントに乗っかっているので、今回のリセットやリスタートは、「他者や外部の変化がきっかけとなる」ことを示唆しています。

できれば、自分の内側から湧き出る決意によって、「よし!!スタートするぞ!」ってしたかったですけど……

そうはいかないみたい。

他の国に刺激を受けて……
あそこがこうなっちゃったからには……
え、あの国があんな手打ってくるわけ!
じゃあうちは……

みたいな感じで慌てて、いろいろ始めていく……

蠍座新月期間中、日本はそんな感じで動いていくのかなと思います。

わたしたちひとりひとりにとっても、この蠍座新月の期間は、外部環境の変化を受けて、なにかを変えていくべきタイミングになるかもしれません。

変えていくものは、
仕事のやり方だったり、
人との付き合い方だったり、
お金の使い方だったり、
いろいろあるでしょう。

新しくするのって、ワクワクすることも多いけれど、「今期は 仕方なく 変えるか……」
という感じになりそうなので、ちょっと億劫ですよね~。

でも、変えるべきことが決まっていたら、見ないフリしたり、先延ばししないで、その流れに乗っちゃったもん勝ち(*^^*)

天王星がもたらす変化には、あまり逆らわず、適応していくようにしたほうが結果は良いと言われています。

最後には笑っていられるよう、今からがんばっていきましょうねー!!

 

▼ 新月図の読み方を知りたい! という方はこちらをご覧ください♪

参考記事
新月図の読み方 位相図や四季図について

先日、星読み中級講座を受講中の方から「新月図や満月図といった位相図、春分図・夏至図といった四季図の読み方を学んでみたい」というリクエストをいただきました。 位相図や四季図の読み方は、たまにリクエストを ...

続きを見る

 

この記事を気に入った方はメルマガに登録すると最新の記事が届きます。
ご登録はこちら

もっと12星座について知りたい方はこちら 
12星座語り

ホロスコープをもっとマニアックに知りたい!
西洋占星術の予備知識

いま話題のあの人から結婚した芸能人カップルまで
有名人のホロスコープ鑑定

星読みができるようになりたい方にオススメ
西洋占星術講座一覧

 

-全体の星模様, 星のコラム