西洋占星術の予備知識 星のコラム

SMAS占星術スクールある日のひとコマ 〜星を活かす〜

2022-01-16

占星術スクール

SMAS占星術スクール星読み中級講座にはグループコンサルが2回あり、それぞれ1年間の運気、10年間の運気の読み方を解説します。受講生さんは、時期表に自分の1年間の運気の流れを書き込み、グルコンの日までに提出。そうすると、グルコン当日、自分の1年間の流れについて解説してもらえる、というものです。

このグループコンサルは…深い話になることが多いのが特徴です。

講師が時期表に示された星まわりを解説していくと、熱心に耳を傾ける受講生さんの心の内側で、胸に抱いている今後の展望や、頭のなかの計画・今後の仕事のスケジュールが、星の示す運勢とどんどんリンクしていく模様。「ちょうどその時期、それやろうと思っていたんです!」「今年は◯◯をやろうと思っていたんですが、このタイミングでやります!」そんな意思表明をしてくださる受講生さんも多い。星読み中級のグループコンサルは単なる「星読みの勉強」を超えた盛り上がりを毎回見せてくれます。

なかでも先日のグルコンは印象深いものでした。記憶が鮮明なうちに書き残しておこうと思います。

SMAS占星術スクールには、1年かけてゼロからプロフェッショナルを目指す総合コースがありますが、今日は、4月からこのコースに通ってくださっているCさんのお話です。

Cさんは最近、とっても大きな決断をし、それを実行にうつしたばかりだそうで…。その決断は、誰が聞いても、Cさんの生活にかなりの変化をもたらすもの。勇気と行動力がいっただろうなと思うものでした。これからのことを考えると不安もいっぱいだろうな…聞いている私たちがそんなふうに感じる一方で、Cさんのお顔はすっきり晴れやか!「本当に今、幸せいっぱい。決断してよかった」Cさんはそうおっしゃっていました。

なんだか、そのCさんの表情を見ていると、自分が本当に望んでいる人生に向かって、一歩踏み出した人って、こんなにもスッキリ晴れやかな顔ができるんだ!と感動してしまいました。たぶんそこにいた全員が、「よーし!わたしもグダグダ言ってる暇ない!自分の望む人生に向かってやってくぞー!」そんなふうに思ったんじゃないかな。

Cさんの決断には、不安や心配もあると思います。でも「これが自分の生き方」そう胸を張って言えるような決断なら、人ってこんなに強く明るくいられるものなんだな。そんなふうに思いました。きっと、あの日のグルコンメンバーはわたしと同じようなことを思ったんじゃないかな。Cさんのお話に、わたしも受講生もたくさんの勇気をもらいました。

天王星

Cさんの星模様を見ると、太陽プログレスが出生図の天王星とトライン。これは、人生に大きな変革をもたらすのには絶好のタイミング。人生変えたいなら、今がまさにそのとき!そんなタイミングでした。Cさん曰く、「決断したら、あとは不思議なくらいスムーズにことが運んだ」ということですから、きっとCさんには天王星の加護が効いていたのだと思います。ただし…いくら星が味方についていたとしても、そこに本人の決断とアクションがなければ、天王星の力を自分の人生に活かすことはできないということ。Cさん自身の勇気と行動がなければ、ここまでの変化を起こすことはできなかったと思います。

星の加護とは、あくまでも、流れを後押しするもの。自分が流れに乗るぞ!と決めて、ズボッとその流れに入る意思とアクションがなければ、その加護を効果的に人生に活かしていくことはできません。

みんながみんな、Cさんのように大きなことを決断したらいいというわけではありません。でも、自分のためになにかを決めて、それに向かって一つずつ行動を起こしていくことは、星を使うということにおいてもとても大事。改めてそう思いました。星を使いこなしたい。そう思う方は、星がもたらす幸運を待っているだけではなく、自分にとって大切なもののために、一歩一歩、歩んでいくことを忘れないでいきましょうね!

 

この記事を気に入った方はメルマガに登録すると最新の記事が届きます。
ご登録はこちら

もっと12星座について知りたい方はこちら 
12星座語り

ホロスコープをもっとマニアックに知りたい!
西洋占星術の予備知識

いま話題のあの人から結婚した芸能人カップルまで
有名人のホロスコープ鑑定

星読みができるようになりたい方にオススメ
西洋占星術講座一覧

 

-西洋占星術の予備知識, 星のコラム